DSC_00350_copy.jpg

この所、仕事が立て込んでいる とても嬉しい


仕事とは男のための時間なのだ

男は仕事で評価され、そこに存在意義を感じ、また、その時に大事な物を忘れてしまう。

女は常にコミュニケーションを必要とし、人とのつながりの中で、自分の存在している重要性を認めてもらいたい。

男と女がすれ違う原因がここにある。

逆に言えば、男は「挫折」が怖く、女は「拒絶」が怖い。 とも言い換えられるだろう。


男としての現実。

自分を守り、もし家庭を築いたなら家庭も守らなければならない。

それは、重く辛いものだ。


成功者?

遊んで暮らす楽しみに満ちたハッピーライフなど、マルチが勧誘で使う安っぽい幻想だ。

夢がなければつまらない。

世の中自分の思うようにはならないものだ。

だからといって、何もせず諦めるのか?

街で座り込んでいる学生達にわかってもらえるだろうか。

甘え。 現実逃避。

本来、人間は苦を避けるようプログラムされている。

反射的に危険から逃げようと体が動く。

だから逃げたくなるのは、ある意味当然のことなのだろう。

無気力でいれば、肩が凝らず腰も痛めずに過ごせるだろう。

逃げてばかりでは何も生み出さない。

感情の思うまま、開き直ってぶち当たってみるといい。

案の定ダメなら、また出直すだけ。

挑戦するマインド。

これが男。

DSC_0099_copy.jpg


男らしさがなくなった時代だという。

ちょっと荒ぶれば厄介者になる時代。

暴力性は完全に抑えこまなければならない。

そもそも、なぜ暴力行為に及ぶのだろうか?

それは、何かに対する「恐れ」から発生するものだ。

怖いから攻撃する。

怖さの対象はなんだ?

おそらく抽象的なものではないだろうか。

不安。

将来。 金。 病気。 人との関係。

常に意識下で恐れているから、何かあるとすぐ攻撃してしまう。

自分を守るため。

まず、恐れているという隠れた心のメッセージに気付くこと。

恐れているという自分の弱さを素直に認めれば、

冷静に対処する余地が生まれてはこないだろうか。

暴力的に強そうな男が男らしいわけではない。

冷静に対処できる男になりたいものだ。

DSC_0120_copy.jpg


男らしさとは優しさじゃないかと思う

なあんだと思うかもしれないが、優しく振舞えること、これにつきる。

優しい男でいるためには、我慢や忍耐も必要だろう。

苦労を苦労と思わないガッツも必要だろう。

悔しい気持ちを見せず、潔く負けを認め、素直に相手を称える勝負の世界は感動する。

ネチネチしてちゃダメだ。

さわやかに諦めることも必要だろう。

男らしさとは「心の広さ」を求められていることなのだ。

心の広さとは、異質な考えを持った人を受け入れることができることでもある。

受け入れるという、女性特有の資質が今、男にも求められている。

男という性の中にも、女性の資質がいくらかはある。

自分の内面にある隠れた「女らしさ」に気付くとおもしろい。

受け入れるという女らしさが、男らしさの幅を広げることになる。


色々と考えだすと身動きが取れない。

でも不自由だからこそ挑戦していこうという気が起こる。

挑戦。

他者への攻撃というカタチではなく。

自分への挑戦。

しかし、男は失敗すること、挫折することが怖い。

だから、なるほどハナっから挑戦しないということも手なのだろう。

挑戦しなければ、挫折もしない。

だが、人生は不思議なものだ。

怖いけど挫折ギリギリの領域にあえて踏み込みたくなることがある・・・。

時に、すべてを投げ打ってみたくなる。

自分を縛る、全てのものから・・・。

辛い時、悔しい時がある。

悲しい時もある。

言いたくても言えないことがある。

「どこでもいい、このままどこか遠くへ飛んで行きたい。」そう思う時がある。


いつか自分も病を患うかもしれない。

そんな時、リセットボタンがあればどんなにいいだろう。
しかし、人生にリセットはない。

完治しない、消せない傷を残すこともあるだろう。

命あるものは、すべてをしょっていくしかない。

そう覚悟が出来た時、新たな領域に入れるような気がする。    byレオ

DSC_0069_copy.jpg












|。・ω・)
男らしい車検を一発よろしこ。
ウホッて感じで。
【2008/06/21 00:05】 URL | 兄貴 #-[ 編集]
あ、兄貴やないですか!

車検依頼ありがとうございまーす!

ウホッって感じでさせていただきます^^
【2008/06/22 19:24】 URL | レオ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 PROJECT BASE, All rights reserved.




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ